--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.09

うさぎを買うときのチェックポイント(性格を知ろう)

長く一緒に楽しく暮らすためにもウサギの性格を知っておくのもよいでしょう。性格をみるには、実際にうさぎに触れてみるとよいでしょう。人間好きなあまえんぼうのウサギだったら、人間に触れられることを嫌がりません。逆に、触ろうとすると噛み付いたり、極度のおびえるようなうさぎは、人に慣れていないので、なつかせるために時間にがかかるかもしれません。
また、ウサギの行動を見るだけでもある程度の性格はわかります。こちらから近づくと、おびえて逃げたり、攻撃するそぶりを見せるうさぎは神経質で攻撃的なうさぎです。逆にケージに近寄っただけでウサギのほうから近づいてきたり、甘えてくるウサギはとても人になれているウサギです。性格の良いうだぎを選ぶには、行動を観察し、実際に触れてみることが大事です。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

うさぎってどんな動物?トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

10.08

ウサギを買うときのチェックポイント

10年近くつきあうパートナーとなるウサギですから、元気で健康な子を選びましょう。元気のよいウサギは食欲もあり、動きも活発です。ただ、昼間の眠い時間帯には横になっていることが多いので、普段の状態を店員さんに聞いてみるとよいでしょう。また、排泄物のチェックもしておくとよいと思います。下痢をしていないかどうか、小さかったり、湿気のある数珠つなぎの糞もおなかの調子が悪い証拠です。理想は丸くて大きい糞です。排泄物は健康のバロメーターなのでしっかりみておきましょう。
主な身体的なチェックポイントは次の通りです。
・涙がでていないか。
・目やにがついていないか。
・生き生きとした輝きがあるか。
・手触りがいいか
・汚れがついていないか。(長毛種は毛玉になっていないかもチェック)
・耳の内側に汚れが付着していないか。
・耳が赤くなったり炎症をおこしていないか。
・足はびっこを引いたり、左右開いていないか。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎってどんな動物?トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.07

うさぎの耳の形や毛質の違い

ピンと真っ直ぐに立った長い耳はうさぎの一番の特徴ですが、アメリカンラビットの登場でその常識はすっかり変わってしまいました。なにしろネザーランドドワーフの耳は5センチと短いですし、ホーランドロップやアメリカンファジーロップの耳は垂れています。特に垂れ耳うさぎのホーランドロップはぬいぐるみのようにモコモコした体つきや愛嬌のある人なつっこい性格で大人気になりました。うさぎっぽくない顔つきとずんぐりとした体形はまるで犬のようです。犬を飼いたくても変えない人などがホーランドロップをみて購入するケースもあるようですよ。最近はホーランドやアメファジの人気で両方のミックスもよく売られているようです。購入するときは血統書の有無を確認するとよいでしょう。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎってどんな動物?トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

10.06

うさぎも大きさ重さがかなり違う

ウサギといってもいろんなウサギがいます。アメリカンラビットの中には、体重が5キロ~8キロになる大型種までいます。大型種を飼育するにはスペースも飼育技術も必要なので、ショップで取り扱っているところもごくわずかです。小型種も大型種も飼育の仕方に大きな違いはないのですが、うさぎの扱いに慣れていない人にとっては、ハードルが高いウサギかもしれません。一方で小型のアメリカンラビットに人気が集中するのは、カワイイのはもちろんですが、スペースをとらないので室内で飼育がしやすいという理由からだと思います。体が小さければ室内で飼育しやすいですし、排泄物の処理も簡単です。最近はウサギをつれて散歩や旅行などに出かける人も増えてきましたが、そういうときにも小さなキャリーで持ち運びできて便利です。こうした品種改良した小型ウサギの登場で室内でのウサギの飼育が一般的になり、マンション暮らしの人でもウサギを飼えるという考えが広まったため、都会などでもうさぎをペットとして飼うひとが増えてきました。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎってどんな動物?トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

09.29

ミニうさぎとアメリカンラビットの違い

一般的にアメリカンラビットと言われるものには、ネザーランドドワーフ、ホーランドロップ、アメリカンファジーロップなどのうさぎのことを指します。国産のミニウサギやミックスのウサギと、アメリカンラビットを見分ける簡単な方法があります。
まず、耳の長さです。ネザーランドドワーフは耳が短いのが特徴です。そして顔が鼻先から口元にかけてつぶれたように丸くなっています。ミックスの場合だと鼻先が細いので、見分けるときのポイントになると思います。
うさぎのうちは見分けるのが難しいですが、耳と顔のバランスや鼻先の形でわかると思います。
中には生後間も無い国産の子ウサギにアメリカンラビットに似たような名前をつけて販売するショップまであります。でも素人にその見分けをするのは難しいんです。そのため信頼できる店を選びましょう。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎってどんな動物?トラックバック(0)  コメント(1) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。