--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.01

ウサギのしぐさでボディランゲージを読み取ろう

ウサギは犬や猫と違って鳴いたりしません。
その分、しぐさで表現をするので、よく観察してメッセージをキャッチしましょう。

☆後ろ足を踏み鳴らす・・・仲間に危険を知らせるときに後ろ足で激しく床を踏み鳴らします。大きな物音を出すとそれを警戒してか、後ろ足を鳴らします。
☆アタマで突いてきたり、手をなめたりする・・・毛の手入れのおねだりです。毛の手入れをしてくれーっと言ってきてます。
☆耳を立てていろんな方向に向ける・・・なれない音や食器の音などがすると、耳を立てて音がするところを探ろうとします。「あの音はなんだ~??」っと思っています。
☆あごをこすり付ける・・・自分の縄張りであることを主張しています。飼い主やものにあごをスリつけてにおい付けをします。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

ウサギを飼い始めたらトラックバック(0)  コメント(5) 

Next |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。