--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.03

うさぎの病気~結膜炎の治療法

ウサギ結膜炎の治療は、原因をまず取り除くことが基本です。しかし細菌が増殖していることが多いので、抗生物質の投与を行います。時には炎症を和らげる薬も使います。
かゆがって目をこすってしまう動物では目を傷つけてしまうので、円盤状のエリザベスカバーを付けます。
洗剤や化学物質が目に入った場合はすぐに水で目を洗い流します。異物がすぐに取れないときは病院へ早めにつれていきましょう。まぶたなどの腫瘍、眼瞼内反症は早めに手術したほうがよいでしょう。逆さまつ毛は高周波や凍結などにより、外科的に処置します。
臼歯が原因の場合は麻酔をかけて歯の処置が必要になります。
細菌性の結膜炎などでは、抗生物質を使って治療しますが、パスツレラ菌が関与していることが多く、完全な治療が困難なこともあります。
抗生物質感受性試験により、効きやすい薬を調べて長期に治療するのが理想と思われます。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

うさぎの病気と治療法トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。