--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.07

ウサギの病気~お腹(胃腸)の病気について2

昨日に引き続き、うさぎのお腹の病気には症状別にいくつかの病気が考えられます。

便秘
胃内毛球症・・・体をなめて飲み込んだ毛は、胃を通過して糞便中に排泄されますが、胃の運動性が低下すると胃に溜まりやすくなり蓄積し、さらに食物の通過が妨げられたり、食欲が落ちたりして便の排泄が悪くなります。
閉塞・・・毛球、化学繊維の糸などの異物がで詰まったり、重責、腫瘍、幼いウサギの幽門狭窄などで食物の通過が悪くなれば便がでなくなります。
粘液性疾患(盲腸便秘)・・・
ウサギの盲腸は大きく発達していて、その中の腸内細菌の働き
で栄養がたくさん作られています。その盲腸の昨日が極端に低下し、盲腸内容物が粘土状に滞り、便を作る結腸(大腸)にはゼラチン状の粘液がたくさん分泌され、時に肛門より排出されます。死亡率は高く、食物中の繊維が低すぎても高すぎてもこの病気の要因となります。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

うさぎの病気と治療法トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。