--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.13

年代別のうさぎのケア~老年期(7歳以降)

中年期に引き続き、年をとってきて新陳代謝が悪くなり、太りやすくなってきます。
体つきや体重から判断して太りすぎであればラビットフードを減らすようにしましょう。また体力も落ちてきているので、季節の変わり目や急な温度変化、夏の暑さ、冬の寒さには弱くなってきます。夏は28度以下に保ち、冬はペットヒーターやタオルにくるんだ湯たんぽなどで暖を取ってあげます。冬は10度以下になると体調を崩すことが多いようです。
また、若い頃のように毛づくろいもあまりしなくなります。毛もばさばさになりつやがなくなってきます。運動も思うようにはできません。血行も滞りがちなので、血行をよくするために全身をマッサージするようにさわってあげましょう。
全身マッサージはボディチェックになりますし、皮膚病などのトラブルを早期に発見できます。だんだんと動きたがらない日が多くなりますが、いつまでも若々しくいさせるには気分転換をしてあげて、ストレスをためないようにしてあげましょう。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

ウサギの飼育法トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。