--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.20

困った行動を修正しましょう

しつけができていないと、うさぎはいたずらっ子の本領を発揮してしまいます。
ケージをかじる、トイレ以外の場所におしっこをかける、飼い主や来客の足にマウンティングをするなどです。
でも、こういった行動には理由があるので、原因を理解して対応すれば直すことは可能です。やったことに対して、叱っているだけではウサギはますます頑固になって、飼い主も怒ることに疲れてしまいます。やられて困ることはやらせないようにするしつけを心がけましょう。
まず、よくあるのがものをかじる行動です。
これは本能なのでほぼ仕方ありません。部屋にあるものほぼなんでもかじります。
家具、本、カーテン、洋服、コードなどなど興味のおもむくままにかじります。
これは人間のほうで対応するしかありません。
危険な電気コードはカバーで覆っておく、洋服や本などは片付ける。家具はダンボールなどでガードする、カーテンは届かないようにくくり上げるなど、かじられないようにします。
そのかわりかじってもよいようなかじり木を与えます。
かじられると困るものは、香水やメンソール、猫用の忌避剤などをかけておくと嫌がってかまなくなるウサギもいます。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

うさぎのしつけトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。