--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.27

ウサギの病気のサイン

うさぎはあまり弱みを見せない動物です。多少体調が悪くてもいつもと同じように元気に振舞います。つらそうな様子を見せたときは病状が思ったよりも進行していると思ったほうがよいでしょう。
病気の悪化を防ぐには、うさぎが発する不調のサインを見逃さないようにしましょう。
普段から食事量、体重、便の形と大きさを観察して健康状態を把握して置きましょう。
ブラッシングで体にさわる習慣をつけていると皮膚の健康状態や内臓の異常に気が付きやすいです。
不調のサインを見つけても、人間用の薬を塗ったり飲ませたりするなど素人判断で処置をしてはいけません。ウサギはデリケートなので逆に病状を悪化させる結果になってしまいます。異常があれば必ず獣医師さんに見せてくださいね。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

うさぎの病気と治療法トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。