--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.05

ペットロスについて

大切な動物を亡くした時の悲しみの感情を「ペットロス」といいます。
その度合いは人それぞれですが誰もが経験する、ごく当たり前に沸き起こってくる人の感情です。まだまだ世間には「ウサギが死んだぐらいで…」などと思うような人たちもいることも残念なことなのですが、そのような人たちに遠慮することも恥ずかしいと思うこともありません。可愛がった分だけ思いっきり泣き、悲しみを心にしまい込もうとしないでください。
時間がどのくらいかかるかは人によりますが、いつかウサギとの毎日を涙と笑顔の両方で思い出せるようになる日がくるでしょう。お別れのつらさが出会えたことへの感謝へ変わり、幸せな気持ちで思い出せる日がやってきます。同じような悲しみをわかちあうことがそれを手助けしてくれることもあります。
ウサギが元気に過ごしているのに亡くなった後のことを考える必要はありませんが、生き物を飼っている以上、いつかお別れしなければならないのだということを現実として理解し、心のどこかにしまっておくことは必要かもしれません。
ウサギとともに過ごせる毎日をウサギといっしょにめいっぱい楽しみましょう。ペットロスについて

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

お別れの時トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。