--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.21

年齢別のうさぎの食餌の与え方

ウサギは、成長によって変えていく必要があります。
成長期のうさぎは品種にもよりますが、生後6~7ヶ月から1年くらいまではしっかりとした体作りの時期ですので、高タンパクなえさが必要です。自分でを食べられるようになってきたら、アルファルファを原材料としたペレットとアルファルファの牧草を中心に与えましょう。この時期はペレットも食べるだけ与えても構いません。
この時期が終盤にさしかかってきたら、チモシーを原料としたペレット、チモシーなどイネ科の牧草を少しづつ加えて慣らしいきます。最初のうちはやわらかいタイプの牧草を好むかもしれません。
うさぎは大人になってから初めて出会うを食べてくれないことがあります。小さいうちに様々な種類のに慣らしておくことが大切です。いろいろな野菜類を与えましょう。その代わり、量は少なめにしましょう。
生後一年を過ぎたら、大人になっていますので、チモシーを原料としたペレットと、チモシーなどイネ科の牧草、野菜類が食の中心になります。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

うさぎの食べ物トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

キャリアの検索サイト。キャリアプランニング、キャリア教育、キャリアカウンセラー、キャリアアップ、イーキャリアなどキャリアに関する各種情報をお届けしています。 http://bind.atmormortgage.com/

-:2008/12/09(火) 05:10:33 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。