--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

09.28

ミニウサギってどうして「ミニ」なの?

一般的なウサギは成長すれば約3kg近くなり、部屋の中においておくにはかなり大ぶりな感じであることがほとんどでした。また、それらの大きくなるウサギは引っかかれたり、噛まれでもしたら大怪我をするので、動物園のふれあいコーナーやペットとして飼われる対象から外されるようになってきました。
そんなとき注目を集めたのがアメリカンラビットというペット向きの小型うさぎでした。ミニウサギと呼ばれる国産ウサギの多くは、ヨーロッパ産の小型ウサギと昔から飼育されていた小さめのウサギを一緒に飼育して生まれた2~3kgのウサギです。それに対して、アメリカンラビットと呼ばれる小型のウサギは多くの愛好家がしっかりと血統を管理した結果生み出された1kg前後の超小型うさぎです。
このペット向きに改良されたアメリカンラビットは体が小さいだけでなく、おとなしく人になつくよう性格まで改良されてきました。多くの人が小さくてカワイイウサギと思っているのは「ミニウサギ」ではなくて実はすべてこのアメリカンラビットなんです。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集
スポンサーサイト

うさぎってどんな動物?トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

養命酒の検索サイト。口コミ、効果、妊娠、不妊、価格など養命酒に関する各種情報をお届けしています。 http://hope.hartmerrell.com/

-:2008/11/30(日) 09:57:42 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。