--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.23

うさぎの主食

うさぎの主食はやはり牧草とペレットにしておくのが無難でしょう。うさぎの体調不良で一番多いのは腸炎や毛球症など消化器に関することです。これらの大きな原因は繊維不足。また、うさぎの伸び続ける歯を正しくすり減らすためには長くて硬い繊維を大きくアゴを動かして、長時間かけてすりつぶすことが必要です。
これらのことを考慮すると、うさぎの食事にとって最も大切なのは乾燥した牧草で、それを一日中無制限に与えるのが理想的です。主食として無制限にあたえるならその成分が非常に大切になってきます。低タンパク、低カルシウムな牧草でなければなりません。そのため高たんぱくでアルファルファ以外でうさぎの好む牧草を主食として使用します。また、主食だけでは足りない栄養についても考えると、野菜を与える方法とペレットを与える方法があります。
野菜を与えるのは自然な方法でよいのですが、忙しい飼い主にとって栄養バランスを考えることは大変です。また既にバランスを調合されているペレットは簡単にバランスのよい食事が取れるので便利です。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎの食べ物トラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

10.22

野生のうさぎは何を食べてる?

一般的にうさぎは草食で野生のうさぎは草の葉を食べていると思われています。でも、日本のはらっぱを見てみると、年中青い草が茂っているわけではありません。新鮮な草が茂る季節は限られています。
アナウサギの原産地であるイベリア半島やアフリカ北西部でも一年中豊富に草があるわけではないので、草木の根や木の皮あどを食べています。アナウサギは人間が利用するようになって各地に入ってきました。ヨーロッパやオーストラリア、ニュージーランドやアメリカでも野生化しています。年中草が茂るところもありますが、ウサギはいろいろな環境に適応して生きていく能力があることがわかります。自分の与えたえさで飼育が上手くいったかどうかを判断するには、平均寿命の7~8年たったときに無事に飼育できているかどうかが一つの目安になるでしょう。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎの食べ物トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

10.21

うさぎの性格はしつけられない?

基本的にうさぎしつけが難しいです。これが性格や本能に関することになるとしつけることは不可能です。モノをかじるのを止めさせることはできませんので飼い主が対策するしかありません。また気に入らないことがあると噛み付くとか暴れるとかのうさぎもいますが、これも性格なのでしつけで変えることはできません。したがって、叩いたりすれがさらに関係を悪化させてしまうだけです。
しかし、すべてがウサギの性格によるものでない場合も多々あります。ウサギのケージがせまいとか、部屋がうるさい、遊びの時間が短いなどのストレスが溜まる原因を作っていないでしょうか?またウサギが嫌がることをしてませんか?ウサギにとって快適でないことが困った行動の原因になっていることもありますので、いま一度見直してみましょう。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎのしつけトラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

10.20

うさぎのしつけ③トイレ

まず一番先に教えるのがトイレのしつけでしょう。うさぎは比較的トイレをすぐに覚えます。ウサギのトイレはいろいろなタイプが販売されていますが、どの形がよいとかどの製品がよいとかいうことはありません。でもあまりに小さなものよりは大型のもののほうがよいでしょう。うさぎは決まった場所でトイレをする習性があります。飼育ケージの中にトイレをおくと、そこだけが体がよごれにくい場所だと感じで、そこがトイレとして覚えてくれます。そのため、しつけるときに下がすのこのケージではどこをトイレにすればいいのかがわからなくなってしまいますので、すのこを取り外してしつけるほうが良いでしょう。トイレの掃除はこまめに行うほど、ここはいくらしてもいつもきれいだと思って繰り返し利用してくれるので効果的です。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎのしつけトラックバック(0)  コメント(2) 

    2007

10.19

うさぎのしつけ②

そのかわり、まれに抱っこしてなでることを苦痛に思っているウサギの場合はこの限りではありません。そのような繊細なウサギの場合は、抱っこすることがストレスになってしまいますから、うさぎの好みを知っておくことは大事です。
始めは無理強いしないで、そばにいればなんかもらえる、ひざの上にのれば何もらえるという風に教えていけばしつけが楽です。順番に根気よくゆっくりが基本になります。
食事や遊びの前にいつもきまった言葉をかけているうちに、その言葉に反応して喜ぶウサギもいます。また自分の名前に反応するとか、お風呂が好きとか、ゆっくり時間をかけてあげるといろんなことを覚えるようになりますよ。個体差があるので、全然覚えてくれない可能性もありますが、のんびり屋さんかもしれないので、焦らずゆっくりしつけていきましょう。

うさぎ・ペットリンク集 うさぎの飼い方・病気リンク集 動物・飼育リンク集

うさぎのしつけトラックバック(0)  コメント(1) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。